通信制高校から大学へ進んだ体験談

発達障害を持っている人もいるので

通信制高校でもスクーリングといって、月に2回程度は学校に通う必要がありますが、私と同じ悩みを抱えている人や、発達障害を持っている人もいるので、私はあまり目立たずにすみました。一緒に遊びにいくような友達はできませんでしたが、メール交換をする程度の中の良い人はできました。 友達のいない私にとって、勉強は楽しいものだったのかもしれません。他にも音楽などの趣味はありましたが、勉強をしていると楽しい気持ちになることはありました。 偏差値は50以上をキープし続けて、大学への進学が現実的になってきたときに、ふと不安が頭をよぎりました。進学をしたところで、障害を持っている私になにか意味があるのだろうか、友達もできずに寂しい学生生活を送って、卒業をしても就職先もないのではないかという不安です。

====つづき====


もどる